アニメ声の演技が嫌い!?自然な演技を追い求める声優志望者に知ってほしいこと

アニメ声 嫌い 気持ち悪い

私、アニメ声の演技は苦手です!もっと自然な演技ができる声優になりたいです!!

アニメ声優を目指しているけど、アニメ声の演技は好きじゃない。

このような考えを持っている声優志望者は、意外と多いのではないでしょうか。

その考え自体を否定はしません。

なぜなら、演技の好き嫌いはあくまで個人の自由だからです。

しかし、非常にもったいないなと思ってしまいます。

 

アニメ声は自然な演技ではない?

そもそも、アニメ声が嫌いな人に話を聞いてみると、多くがアニメ声の演技は自然じゃないからいやと答えていました。

しかし、それは本当なのでしょうか。

確かにアニメ声の演技を、外画やテレビドラマでした場合は違和感を覚えるでしょう。

また普段の生活でも、アニメ声はどうしても目立ってしまうことは否定できません。

しかし、ちょっと考えてみてください。

ドラえもんやクレヨンしんちゃん、ワンピースのチョッパーの声でも構いません。

あれらの声もれっきとしたアニメ声ですよね。

では、アニメを見ていて不自然に感じたことはありますか?

 

媒体によって自然に感じる演技は違う

アニメーションは、絵自体が視聴者に強い印象を与えます。

また、演出もド派手なものが多くなりますよね。

そのため、必然的に声もアニメキャラクターに負けない存在感が必要になります。

例えば、関智一さんが演じているスネ夫の声を思い出してください。

もし関さんが、あの演技をテレビドラマでしたら、どんな感じになるでしょうか。

例え内容がコメディー作品だったとしても、イロモノ扱いされてしまうかもしれませんよね。

しかし、ドラえもんでは、スネ夫の声にドラマほどの違和感を覚えることは少ないと思います。

むしろ、ドラマで活躍されている俳優さんが声優に挑戦する時、物足りなさを感じたりしませんか?

そもそもアニメは、作品によっては動物やロボットまで演じるのです。

強い印象を与える演技が求められることは当たり前だと思いませんか?

一方、外画は既に演技をしている役者さんに声を当てていきます。

そのため、演じている役者さんに合わない声や演技をすることはできません。

また、役者さんの動きを細かく見て、声の演技に反映させていかなければならないのです。

非常に繊細な演技が求められます。

また、海外の方は日本人に比べて、感情表現が大きくなります。

そのため、声優も喜怒哀楽を大きく、はっきり表現することが求められます。

 

演技方法は、音響監督さんの指示でも変わる

一つ注意していただきたいのは、上記はあくまで、今現在のアニメと外画のスタンダードな考え方です。

例外は存在しますし、これからどんどん変わっていくかもしれません。

しかし、その演技を構築するのは声優だけではありません。

声優に演技の指示を出すのが、音響監督と言われる人です。

音響監督とは、声優に関するキャスティング権を持っている、作品の音に関する責任者のようなものです。

声優は、音響監督とキャラクターや演技のすり合わせを行い、一緒に作品を作っていきます。

つまり、アニメ声の演技が必要だと音響監督に判断されているから、アニメ声の声優が存在するのです。

 

 

食わず嫌いはもったいない

アニメ声の演技は嫌いだから、求められてもやらない。

この考え方は、もちろん尊重すべきことです。

しかし、それは声優になるチャンスを失うかもしれないことを覚悟しておいてください。

私は、あなたが本気で声優になりたいのであれば、どんなチャンスもモノにできる強かさを持ってほしいと思います。

まずは声優になるというスタートラインに立つ。

そのために、全力を尽くしてくださいね。

【アニメ声に関する記事はこちらから】
アニメ声は有利!?特徴的な声はプロの声優になりやすいのか?
本気で声優になりたい!!アニメ声を習得してアニメ声優を目指そう

 

関連記事一覧