現役マネージャーに聞いた!!声優事務所が求めている人材とは?

マネージャーがほしい人材

声優事務所にとって、マネージャーは根幹ともいえる存在です。

マネージャーの仕事は多岐にわたります。

・スケジュール管理
・制作会社への営業
・声優の現場同行
・作品のキャスティング

 

もし、自社に所属する声優が現場でミスをしてしまった場合は、その声優の代わりに苦情を受ける立場でもあります。

【声優マネージャーの役割についての詳細はこちら】
知っておきたい!?声優事務所のマネージャーの役割とは

 

そのためマネージャーは、自社の所属オーディションの審査を行い、所属する声優を選択することができます。

つまりプロの声優になるには、声優事務所のマネージャーに認めてもらう必要があるということです。

そこで今回は、現役で活躍している声優事務所のマネージャーさんに、求めている人材についてのお話を伺ってきました。

 

声優事務所の採用人数は0~10名ほど

毎年、声優学校から声優事務所に所属する新人声優がいると思いますが、上限は決めているのでしょうか?

弊社は所属オーディションの評価を絶対評価で決めています。

これは、どこの声優事務所も大体同じだと思います。

そのため、採用の上限は設けていません。

一番多い時は、10人ほど採用したこともありますね。

もちろん、該当者がいない場合は0人になります。

 

声優事務所のマネージャーから見た声優になれない人

声優事務所のマネージャー視点で、声優になるために必要なものって何ですか?

まず声優になるために、絶対に必要なことがあります。

それは、社会常識が身についていることです。

例えば、

・やむを得ない場合を除き遅刻、欠席をしない
・事務所からの連絡はきちんと返信する
・周りの人とコミュニケーションが取れる

 

このような当たり前のことが出来ない人は意外といます。

プロの声優は様々な現場に行って仕事をしなければなりません。

現場には共演者や録音スタジオのスタッフの方々、作品のクライアントなども入ります。

特にクライアントは、普段声優さんとは関わらない一般企業の方々です。

そこで社会常識に欠けた発言や行動をされてしまうと大変なことになります。

声優は所属事務所の看板を背負って現場に入ります。

現場での挨拶、スタジオでの行動、飲み会があればその対応。

それらがきちんとできる人材でなければ、怖くて現場に出すことは出来ません。

ひとりの所属声優のやらかしによって、声優事務所ごと収録スタジオ出入り禁止なんて御免ですからね。

 

滑舌、発声などの基礎能力

声優の技術に関しては、発声、滑舌などの基礎能力は絶対に必要ですね。

声がきちんと出なかったり、言葉を明瞭に話せない人が声優になれるわけがありませんよね。

これを聞いて、何を当たり前のことをって思う人もいるかもしれませんが、基礎が出来ていない人は本当に多いですよ。

自分は出来ていると思っている人も、声優学校の講師や仲間に確認してみてください。

特に滑舌は、訓練をしないと絶対にできるようにはなりませんからね。

 

声優事務所が求めている人材は?

なるほど。では、声優事務所が求めている人材を教えてください。

一言でいうと売りやすい人材ですね。

ただ、これは各声優事務所によって違うと思います。

なので、いち声優事務所のマネージャーが考える採用基準だと思って聞いてください。

 

自分のロードマップを描けているか

簡単に言うと、自分が声優として活躍するまでの計画を持っているかということです。

所属オーディションに合格して声優事務所に所属するということは、スタートラインに立ったということですよね。

しかし、そこで満足してしまう人が非常に多いです。

私の経験則ですが、声優として活躍している人はどうやったら売れるかまで計画をしっかり立てています。

どうすれば、自分は声優として活躍できるのか。

様々なことを考えて、それをマネージャーに提案してきますからね。

考えて行動をしている人は、マネージャーとしても売りやすいし、売ってあげたいと思いますよ。

 

ダメ出しにすぐに反応出来る人

収録で音響監督のダメ出しを聞いて、すぐに演技やアクセントを変えられる人は仕事のリピート率が高いですね。

録音スタジオは収録できる時間が決まっています。

そのため、声優はその場で対応できる瞬発力が必要とされます。

この瞬発力は、生活できる声優になるための必須能力だと思いますね。

 

声優志望者へのアドバイス

最後に声優を目指している人達にアドバイスをお願いします。

まずは、滑舌、発声が出来るようになってください。

そして、色々な人とコミュニケーションを取って社会常識を覚えましょう。

それで初めて所属オーディションの土俵に上がれると思ってください。

声優になれる人は、ほんの一握りです。

あなたが動かなければ、夢は絶対に掴めませんよ。

 

本気で声優になる覚悟があるのであれば

いかがでしたか?

声優志望者にとっては、耳が痛い話もあったかもしれません。

身に覚えがあると感じた人は、この記事を読んだ今日から変えていきましょう。

多くの声優志望者がいる現在。

本気で声優になりたいと考えている一握りの声優志望者しか、声優になることは出来ません。

あなたがその一握りになれるのか。

なれないのか。

それは全てあなたの行動次第です。

必ずまだ間に合いますよ。

関連記事一覧