声優業界のタブー!?声優オーディションで避けておいたほうが良い服装

声優オーディションではどのような服装でのぞめばいいのでしょうか?

声優志望者にとって、声優オーディションは自分の未来を決める勝負の場です。

その時にどのような『勝負服』を着ていくかは、頭を悩ませる問題だと思います。

私個人としては、清潔感だけ保てれば、あなたの個性を十分に引き出せる服装を選ぶことが一番だと思います。

しかし、声優業界には避けておいたほうが良いと言われている服装が存在します。

正直、その服装をして声優オーディションに行ったからといって、結果に影響を及ぼすかはわかりません。

ですが知っておくと避けることはできますよね。

声優業界で避けたほうがよい服装とはどのようなものなのでしょうか?

 

声優にとってタブーとなっているネルシャツ

声優業界ではネルシャツを着て収録現場に行くのはタブーとされています。

ネルシャツとは、いわゆるチェック柄のシャツのことですね。

理由としては、

・ネルシャツを着ていると名前を覚えてもらえない
・どうしてもオタクのような印象を与える
・現場スタッフで着ている人が多い

とのことです。

確かに声優の収録現場のスタッフでネルシャツを着ている人はいます。

それが原因なのかはわかりませんが、声優の中ではネルシャツを着ていると名前を覚えてもらえないと言われています。

私の知り合いの声優もネルシャツを着用し、先輩声優に怒られたことがあるそうです。

また、いわゆる昔のオタクとされる人たちがネルシャツを好んで着ていたことも敬遠される理由のようです。

まあ、都市伝説のようなものですが、声優オーディションの審査員は声優業界に勤めている人がほとんどです。

普段着として着るのは良いですが、声優オーディションでは避けておいたほうが良いかもしれません。

 

ダメージジーンズは、悪い印象を与える可能性が高い

ダメージジーンズはどうしても、清潔感のなさを印象づけてしまうようです。

有名なアニメのディレクターさんもダメージジーンズを履いて声優オーディションを受けにくる声優に対して苦言を呈していました。

若い人にとってはファッションのつもりでも、年配の方などは破れたジーンズを履いてきていると認識してしまいます。

よほどの信念がない限りは避けておいたほうが無難でしょう。

 

動くと音が鳴ってしまうもの

これは絶対に避けておきましょう。

収録現場などでは、服が擦れたり、アクセサリーの音がなるなどの小さな音であってもマイクがひろってしまいます。

プロの声優はなるべく音のならないものでコーディネートをしています。

あなたも服を選ぶときは音のならないものを優先して選びましょう。

 

靴はきれいなものを履く

意外かもしれませんが、声優オーディションでは、靴はよく見られている傾向があります。

声優志望者は洋服は気にしますが、靴には無頓着な人がとても多い印象です。

靴が汚れている人は清潔感に見られることはまずないと言われるくらい、靴は重要なポイントです。

洋服だけではなく、靴まで意識して勝負服を選んでいきましょう。

 

勝負服もあなたの商品価値を上げるアイテム

声優がテレビや雑誌などのメディアに進出し、ファッションも声優の商品価値の一つになってきています。

自分の価値を上げるために、ファッションもしっかり勉強することをおすすめします。

声優オーディションは第一印象で合格率が変わります。

意識していきましょう。

 

【NO.15 宣材写真や声優オーディション時に選ぶべき服装の詳細記事はこちらから】
NO.15 宣材写真や声優オーディション時に選ぶべき服装

【知っておきたい!?声優オーディション合格者には共通点があった!の詳細記事はこちらから】
知っておきたい!?声優オーディション合格者には共通点があった!

関連記事一覧