声優志望者なら知っておきたい!!収録スタジオに入るときの注意点

収録スタジオに行くときには、どんな準備をしたら良いでしょか?

声優学校によっては、自前の収録スタジオを持っていて、マイクワークの授業を行えるところがあります。

そのような声優学校に通っていれば、授業で教えてもらえると思いますが、収録スタジオを持っている声優学校はそれほど多くはありません。

また声優学校に行ったことがない人は、収録スタジオがどのような場所なのかもわかりませんよね。

実は、収録スタジオを使用する際には、いくつか気を付けなければならないことがあります。

プロの声優であれば当たり前のことですが、今のうちに知っておくことは悪いことではありません。

ボイスサンプル作成のため、収録スタジオを使用する人もいると思いますので、予習しておいて損はないと思いますよ。

 

スタジオのマイクに触るのは厳禁

収録スタジオに行くと、既にスタジオのスタッフの方がマイクをセットしていると思います。

収録をするときには、そのマイクを自分の口の高さに合わせてから収録を行います。

しかしその時に、自分でマイクを触って調節をし、高さを合わせようとしてしまう人がいますが、これは絶対にやめましょう。

収録スタジオに設置してあるマイクは、非常に高額なものです。

もし、不用意にマイクに触って壊してしまったりしてしまうと、高額な弁償をしなければならなくなります。

よって、基本的にマイクの調節などは収録スタジオのスタッフの方が行うことになっています。

これは、ナレーションスタジオも同様です。

もし、マイクが自分の高さに合わないと感じたら、スタジオのスタッフの方に調節をお願いすると良いでしょう。

 

音が出てしまう服装は避ける

収録スタジオのマイクは、とても高性能のものが使用されています。

そのため、あなたが想定していない小さな音までも収録してしまいます。

よくアテレコ収録中にお腹がなってしまい録り直しになるなどのエピソードがあると思います。

あれは本当によくあることで、そのようなことにならないようにチョコレートを常備している人もいます。

そのため服装も気を付けなければなりません。

特に動いたときに音が出やすい洋服、アクセサリー、靴の着用は絶対に避けましょう。

動くたびに録り直しになってしまったら、大変なことになりますからね。

 

スタジオ関係者への挨拶は忘れずに

声優オーディションや実際の収録で必ずやらなければならないのは、収録スタジオの関係者への挨拶です。

収録現場の責任者である音響監督や審査員への挨拶はもちろんですが、音声を調整してくれるミキサーの方への挨拶は必ずおこないましょう。

ミキサーはあなたの声を編集してくれたり調整してくれる人です。

収録中にあなたの味方になってくれる人ですので、きちんと挨拶をしなければなりません。

収録スタジオのスタッフと良い関係を気づくことは、プロの声優としてとても重要なことです。

中にはスタジオに差し入れを持ってくる人もいます。

声優オーディションで差し入れを持っていく必要はありませんが、プロの声優になったらこのような気配りも必要になることを覚えておいてください。

 

相手のことを思って行動しよう

このように、収録スタジオに入るときに気を付けることは特に難しいものではありません。

ですが、当たり前であるであるからこそ、出来ていない人は悪目立ちをしてしまうのです。

収録スタジオでは気配りを忘れず行動する。

これを意識してみてください。

関連記事一覧