大手声優事務所と中小声優事務所のメリット、デメリット

声優学校は大手付属の養成所に入るべきだ!!

声優学校を紹介しているサイトを閲覧していると、そのような記事が多く出てきます。

私も声優業界を知るものとして言わせてもらえば、その意見には賛同します。

大手声優事務所のほうが、多くの仕事の依頼が来るためです。

ですが、中小声優事務所でも一人前の声優になっている人を私は何人も知っています。

では、大手声優事務所と中小声優事務所は何が違うのでしょうか。

 

大手声優事務所は有名声優が多数在籍

大手声優事務所の最大の特徴は、有名声優が多数在籍していることでしょう。

有名声優が多数在籍していれば、その声優事務所には仕事がたくさんあることになるので、仕事や声優オーディションのチャンスは多くなります。

そのため、大手声優事務所で頭角を現すことが出来たなら、有名声優への階段を駆け上がることができるでしょう。

それに比べて中小の声優事務所は、どうしても仕事の数が限られてきます。

また声優オーディションの量も大手と比べて少ないのが実情です。

 

大手声優事務所の中には制作会社を持っているところもある

大手声優事務所の中には、自社にアニメや外画の制作会社を持っているところもあり、その作品には、自社の声優を優先的にキャスティングすることが可能です。

具体的に名前を上げてみると、

・81プロデュース→HALF H・P STUDIO
・マウスプロモーション→STUDIO MAUSU
・JTBエンタテインメント

制作会社を持っている声優事務所に所属することができれば、新人のうちから自社作品での出演のチャンスがあるでしょう。

このように大手声優事務所に入れば、中小の声優事務所より多くのメリットがあります。

では、デメリットとは何があるのでしょうか。

 

事務所内での競争がとても熾烈

大手声優事務所に所属するのはとても難しいことです。

ほとんどの声優志望者が所属することすらできません。

ただ、努力に努力を重ね、大手声優事務所に所属できたとしましょう。

そうなると、次は今まで憧れてきたその事務所の有名声優と役をめぐって戦わなければならないのです。

なぜなら、アニメやゲームの声優オーディションは、一つの役に一人だけしか応募できないものが多いからです。

大手声優事務所から一人だけ選出されることがどれだけ難しいかは想像してみればわかると思います。

私の知り合いの大手声優事務所に在籍していた声優は、先輩や同世代との闘いに敗れ、ほとんど仕事をもらえないまま、退所となりました。

つまり大手声優事務所に入れたからといって、今後の声優人生が保証されているわけではないということですね。

逆に、中小の声優事務所に在籍して、そこで声優オーディションに合格し、大手声優事務所に引き抜かれた例はいくつもあります。

基本的には、大手声優事務所付属の声優学校のほうがチャンスがあるためおすすめします。

しかし、声優事務所に所属できたから、有名声優になれるとは限りません。

これは肝に銘じておきましょうね。

 

中小声優事務所を選ぶ場合は、日本声優事業社協議会を参考にしよう

もし、中小声優事務所の声優学校に入ろうと思っている人は、日本声優事業社協議会(声事協)を見てみてください。

声事協は声優事務所が多く集まる団体です。

声事協に入るには許可が必要になりますので、あまりおかしな声優事務所は所属できません。

声優事務所を見つけるうえでの参考にしてみてください。

最後にもう一度いいますが、私は、大手声優事務所と中小の声優事務所のどちらがいいかと問われれば、大手声優事務所をおすすめします。

ですが、大手声優事務所では、厳しい競争が待っていることを覚悟してください。

中小声優事務所から声優を目指す選択もありますからね。

関連記事一覧