アニメ声は有利!?特徴的な声はプロの声優になりやすいのか?

声に特徴があったほうが声優になりやすいのでしょうか?

確かにプロの声優の中には特徴的な声質をお持ちの方はいます。

様々な作品でそのような声質を持った声優さん達が大活躍していますしね。

声優志望者にも、昔から周りに声が変わっているねと言われて声優を目指したという話を聞くことがあります。

声優を目指す志望動機は何でもかまいません。

それこそ、声優になった動機が、満員電車に乗りたくなかったからという人もいるくらいです。

まあ志望動機はさておき、今回は巷でまことしやかに言われている、声が特徴的=声優になりやすいの法則についてです。

確かに『アニメ声』を代表とする特徴的な声を持っている声優志望者は、印象に残りやすくはあります。

ですがその印象は必ずしもプラスの印象とは限りません。

 

声優志望者のアニメ声は声優オーディションで不利になる?

実は声優オーディションにおいても、アニメ声の声優志望者は必ずしも有利とは限りません。

なぜなら、アニメ声の声優志望者の多くが間違った発声方法をしていることが多いからです。

いわゆる喉声と言われるものですが、喉を極端にしめて声を出すことが癖になっている声優志望者にアニメ声は多く見られます。

当然声優になるためには、間違っている発声法をきちんとした発声方法に修正する必要があります。

喉声が原因でアニメ声になっている声優志望者は、まずは喉を開いて声を出すことを訓練していかなければなりません。

しかし、アニメ声の声優志望者はその声を捨てることに抵抗があります。

当然のことだと思います。

その声を褒められて声優を目指していますからね。

そのため、癖を取り除くのにとても時間がかかるのです。

そのことをわかっている審査員の方はアニメ声の声優志望者を敬遠しがちになります。

 

プロの声優が持つ声質は鍛え上げられたもの

プロの声優の中にもアニメ声の人はいるじゃないか!

そのように言う方もいるかもしれません。

確かにプロの声優の中にもアニメ声をお持ちの声優さんはいらっしゃいます。

しかし、その方達の多くは初めからその声を持っていたわけではなく、努力によって魅力的な声質を身に着けているのです。

つまり、アニメ声優のいわゆるアニメ声も努力の結果、身に着けたものだということです。

 

特徴的な声と言われた人は、基礎の習得を重視しよう

では、特徴的な声の人は声優になりにくい人なのか?

それも違います。

発声、滑舌などの基礎が十分身に着けることができれば、その人の声はプロの声質に進化します。

そうなった時、特徴的な声が、特徴的で魅力的な声に変わるでしょう。

時間はかかるかもしれませんが、絶対に声優になりたい覚悟があれば十分に身に着けられると思います。

 

本当に重要なのは声質ではなくお芝居

声優は声が良いからなれるわけではありません。

あくまでお芝居ができるかどうかが、声優になるうえでの一番のポイントです。

良く声優はキャラクターの声をあてると言います。

それは、ただキャラクターに声を吹き込むだけでなく、キャラクターを演じた声を吹き込むのだということを忘れないでください。

ただアニメ声を出せばいいと勘違いしないようにしてくださいね。

【アニメ声に関する記事はこちらから】
本気で声優になりたい!!アニメ声を習得してアニメ声優を目指そう
アニメ声の演技が嫌い!?自然な演技を追い求める声優志望者に知ってほしいこと

関連記事一覧