知っておきたい!?声優事務所のマネージャーの役割とは

あなたは、声優事務所のマネージャーの仕事がどのようなものかは知っていますか?

声優を目指すのであれば、声優の仕事だけでなく、あなたをサポートしてくれるマネージャーについても知っておきたいところです。

ですが声優学校に通っている人でも、マネージャーの仕事をきちんと理解している人はあまりいないのではないでしょうか。

基本的に声優事務所のマネージャーは、芸能事務所のマネージャーとは大きく異なります。

意外と知られていない声優事務所のマネージャーの仕事とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

基本的な仕事は所属声優のスケジュール管理と営業

まず声優事務所のマネージャーは、個人事務所でない限り、一人の声優のみ担当となるわけではありません。

基本的には、多くの声優を数人で担当することになります、

大手声優事務所などは、アニメ班のマネージャー、外画班のマネージャーと分かれており、各仕事に応じて声優とやり取りをしていきます。

中小の声優事務所などは、マネージャーが1~2人ほどしかいないところも多いので、その人数ですべての声優を見ることになります。

そのためマネージャーの仕事は、各声優事務所により、仕事内容が異なります。

そんなマネージャーの基本的な仕事の一つが、声優の仕事のスケジュール管理です。

声優の仕事のスケジュール管理は、声優事務所に常駐するデスクと呼ばれるスタッフと協力して行います。

なぜ協力するのかというと、声優事務所に電話をかけてくるクライアントであれば、デスクが対応できます。

しかしマネージャーが懇意にしている制作会社や、急ぎの仕事などに関しては、マネージャーに直接電話をかけてくることも珍しくないからです。

そのため、デスクと協力して仕事内容をチェックして仕事を管理していきます。

また、声優の収録現場への同行各制作会社への営業もマネージャーの大事な仕事になります。

 

制作会社などのクライアントへの接待

声優事務所のマネージャーは、様々な制作会社から他事務所のマネージャーと交流をすることで、仕事やオーディションに繋げていきます。

また、最近はSNSの普及により、声優が発信するものを管理することも必要になってきました。

しかしSNSは気軽に不用意な発言を書き込めてしまうので、声優事務所によっては禁止しているところもあります。

このように、マネージャーの仕事は多岐にわたるのです。

 

アニメやゲームのキャスティング

業界にコネクションを持っているマネージャーになってきますと、アニメやゲームのキャスティングを請け負うこともあります。

クライアントの提示した予算の中から、声優をキャスティングしていきます。

もし、そのマネージャーが売りたいと思っている声優がいるのであれば、どんどん現場に入れていくこともできます。

このように、マネージャーの力によっては、多くの仕事やオーディションが舞い込んでくることもあります。

 

プロの声優はマネージャーとの関係を重視する

声優事務所のマネージャーの様々な仕事を紹介していきました。

ここで声優志望者の方に覚えていてほしいのは、マネージャーはあなたが声優の仕事をするうえでのビジネスパートナーということです。

声優の付き人などでは決してありません。

あなたはマネージャーに対して、あなたがどのようなことができるのか、何をやりたいのかをしっかりアピールする必要があります。

あなたのことを知らなければ、マネージャーは売りようがありませんからね。

声優事務所に所属できたら、マネージャーとしっかり連携を取っていくことをおすすめします。

関連記事一覧