声優オーディション合格への道!!少年役を勝ち取るために意識すべきこと

声優オーディション 少年 合格

声優オーディションに合格して、少年役を中心に活動したいです!!

声優オーディションに参加している女性声優志望者の中には、少年役で活躍したいと考えている人が多くいます。

確かにアニメで出てくる少年の声を女性声優が演じることは珍しくありません。

いくつか例を挙げてみると、

・ドラゴンボールの孫悟空役を演じている野沢雅子さん
・名探偵コナンの江戸川コナン役を演じている高山みなみさん
・クレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役を演じていた矢島晶子さん

など、様々な方が少年役を演じています。

声優志望者の中にも、少年役を演じたいと思っている人が多くなるのも必然かもしれません。

 

異性を演じるのはとても難しいこと

少年役を演じている女性声優は何人もいます。

そのため、中性的な声質をしていれば、少年役が出来るという認識を持ってしまうことがあります。

しかし、実際はそうではありません。

少年役を演じるには、男の子の喋り方を研究しなければなりません。

異性を演じるということは、とても難しいことなのです。

 

声優オーディションで少年役を審査する時のポイント

それでは、この記事の本題である、声優オーディションで少年役を審査する時のポイントについて話していきたいと思います。

声優オーディションで少年役を審査するポイントは大きく分けて2つあります。

一つ目は、少年の声質をキープできるかです。

 

喜怒哀楽はキャラクターがぶれやすくなる

落ち着いたセリフは少年の声質で喋れても、感情の起伏が激しくなると女性になってしまう。

これでは、少年役としてキャスティングすることはできませんよね。

少年役を演じる場合、難関となるのが喜怒哀楽です。

特に怒って叫んでいるセリフや泣く演技をしているときは、どうしてもキャラクターがぶれやすくなってしまいます。

そのため審査員は、キャラクターがぶれて、女性の声になっていないかをチェックします。

正直、ここで不合格と判定されてしまう声優志望者は非常に多いです。

少年役をやる場合は、どんなセリフでも、キャラクターがぶれないように訓練をしてください。

 

セリフの音圧の強さ

もう一つのポイントは、声の圧力、音圧がしっかりしているかです。

少年の性格にもよりますが、多くの場合、少年役には強い音圧が必要になります。

特に熱血系の作品は、非常に強く音圧を出してセリフを言う必要があります。

朴璐美さんなどをイメージしていただければ、わかりやすいかもしれません。

強い音圧で少年役を演じるのは、とても難しいことです。

しかし、強い気持ちを持って訓練をすれば、必ず身に着けることができると思います。

声優オーディションで少年役を演じる場合は、以上の点を意識しておいてくださいね。

 

無理に少年役を狙う必要はない

もし、声質が中性的だから、少年役が出来なきゃいけないと思っているのであれば、それは間違いです。

中性的な声質であったとしても、必ず女性を演じることはできます。

むしろ難易度の高い少年役を演じる前に、女性の役をきちんと演じられるようになったほうが良いでしょう。

将来的に、どちらもできるようになることを目指せば良いと思います。

 

少年役を勝ち取って子供たちに夢を与えよう

日本のアニメ作品には、様々な少年キャラクターが出てきます。

それらのアニメによって、多くの子供たちが成長してきました。

次はあなたが子供たちに夢を与える番かもしれませんよ。

是非、少年役をゲットして、子供たちに夢を与えられる存在になってくださいね。

 

関連記事一覧