自己PRのタブー!?書類審査で避けたいNGな自己PRの書き方とは

自己PR 書き方 タブー

声優オーディションの第一関門と言えば、書類審査ですね。

その中で、応募者が最も頭を悩ませるものがあります。

それは自己PRです。

自己PRとは、あなたがどのような人間なのかを審査員に知ってもらうことが目的です。

応募者は、声優オーディションの書類審査を通過するために、少しでも印象が良くなるように自己PRを書いていきます。

そんな自己PRですが、書き方次第では審査員に悪い印象を与えてしまうことがあります。

【知っておきたい!?声優オーディションで使う履歴書の書き方とは?の記事はこちら】
NO.13 知っておきたい!?声優オーディションで使う履歴書の書き方とは?

 

自己PRは減点方式

そもそも、書類審査で自己PRがどのくらい重要なものなのか。

書類審査の合否に大きく影響を与えるものは、宣材写真です。

これは間違いありません。

【宣材写真や声優オーディション時に選ぶべき服装の記事はこちら】
NO.15 宣材写真や声優オーディション時に選ぶべき服装

 

では自己PRは審査でどのように使われるのか。

自己PRは宣材写真で選択された後に、その人のことを知るためにチェックをされます。

その時、もし自己PRがお粗末なものだったら、不合格と判断されてしまいます。

つまり、自己PRで落とされることは、非常にもったいないことなんですね。

そんな自己PRですが、基本的に減点方式を取っています。

中には、大きく減点されてしまう可能性のある、自己PRのタブーともいうべきものがあります。

 

私は○○な人間です

私は努力ができる人間です!
私は明るい人間です!

あなたは、自己PRにこのように書かれて信じることができますか?

ですが、声優志望者の自己PRを見ていると、このように書いている人が大勢います。

声優専門学校の生徒でも、非常に多くの人がこの書き方をしているので、そう指導されているのかもしれません。

ですが、これはやめておきましょう。

まず、審査員はこの言葉を信じることはありません。

むしろ、真逆の印象を与えてしまいます。

そもそも考えてみてください。

本当に明るい性格の人が、自分は明るい人間ですなんて言うと思いますか?

自分が審査員をしていた時も、この言葉が当たっていたことはありません。

これを書いている応募者は取らないと決めている審査員の方もいらっしゃるくらいです。

そもそも、自分がどんな人間かを提示する意味もありませんので、やめておきましょう。

 

文字を丁寧に書かない

これは、文字を書くことが苦手な人を指すのではありません。

自己PRを丁寧に書かない人のことを指します。

人に読んでもらうために、文章を書くのであれば、丁寧に書くことを心がけますよね。

これは、真心というもので、人間性が問われてくるものです。

もし、そんなことを考えずに、雑に自己PRを書いてしまったら、審査員はどう思うでしょうか。

少なくとも一緒に仕事がしたいとは思えませんよね。

例え、文字を書くのが苦手だったとしても、自己PRは丁寧に書くことを心がけましょう。

 

今まで経験してきたことを書こう

自己PRは、基本的に減点方式と言いましたが、唯一加点対象になるものがあります。

それは、あなたの経験です。

あなたが今までどのように生活してきたのか。

どんなことを経験してきたのかを自己PRで書いてください。

私は本当に声優になりたいですと書くだけでは、主観的な気持ちを知るだけになってしまい、応募者の差別化が難しくなります。

特に色々な経験をしている人は、お芝居をするうえで必ず役に立ちます。

是非、自分の経験を審査員にアピールしてください。

 

自分の思いだけでなく情報を

自分がなぜ声優になりたいかを自己PRに書くことは悪いことではありません。

本気で声優になりたいと考えているのであれば、その気持ちを伝えようとするのは、当然のことです。

しかし、自分の気持ちを伝えるだけではいけません。

必ずあなたの正しい情報を審査員に教えてください。

それは、あなただけの長所となります。

他の応募者とは一味違う自己PRを作ってくださいね。

関連記事一覧