NO.13 知っておきたい!?声優オーディションで使う履歴書の書き方とは?

声優オーディションの履歴書の書き方

声優オーディションに応募するには、必ず作成しなければならないものがあります。

それは履歴書(申込書)です。

社会人の方やアルバイトをしたことがあれば、作ったことがありますよね。

履歴書とは、自分自身の氏名、生年月日、住所などの基本的な情報に加えて、学歴、資格、志望動機などを記載した書類のことです。

しかし、声優オーディションで使用する履歴書は、普通のものとは少々異なります。

 

履歴書(申込書)を書くための準備すべきもの

まずは履歴書を作成するために必要なものを挙げていきましょう。

基本的に、

・指定された申込書(指定がなければ履歴書も可)
・油性ボールペン
・指定されている大きさの宣材写真
・印鑑
・角形2号封筒
・切手

などが必要になります。

申込書は、声優オーディションの公式ホームページからダウンロードすることができます。

申込書を郵送する場合は、コンビニなどでコピーをして使用しましょう。

特に指定がない場合は、市販の履歴書を使用してもかまいません。

申込書を作成するときは、必ず油性ボールペンを使用しましょう。

えんぴつ、シャープペンシル、水性ボールペンなどは、文字が消えてしまう可能性があるので使用してはいけません。

宣材写真は、声優オーディションが指定している種類と大きさのものを用意しましょう。

宣材写真の裏には氏名を必ず記入してください。

宣材写真を貼るスペースがない場合は、申込書の裏に貼りましょう。

【宣材写真の詳細記事はこちらから】
NO.14 声優オーディションで必要な宣材写真の撮り方とは?

 

申込書に印鑑を使用するところがある場合は、必ず押してください。

申込書に使用する印鑑は、シャチハタではなく、必ず朱肉をつけるタイプの印鑑を使用しましょう。

シャチハタはインクを使用しているため、劣化や濡れると滲んでしまうことがあります。

そのため、履歴書にはふさわしくないとされていますので、避けておくことをおすすめします。

封筒は、申込書の大きさに合わせた、白か茶色のものを用意しましょう。

切手は、お年玉切手などの特別なものを使用せずに、普通の柄のものを用意してください。

 

審査員が会いたくなるような履歴書を作ろう

履歴書を作成するときは、文字を丁寧に書きましょう。

途中で間違えてしまったとしても、絶対に修正液を使ってはいけません。

その場合は、新しく作り直しましょう。

そんなこと言われるまでもないと思う人もいるかもしれません。

しかし、少なくない数の履歴書が雑に作られ、主催者側に届いています。

いくつか例を挙げると

・えんぴつで書いた下書きを消していない。
・間違えた文字を黒く塗りつぶす。
・ゴミがくっついている

このようなものを平気で送ってくる声優志望者がいます。

当然書類審査で不合格になりました。

そのような履歴書を送りつける人には、審査員も会いたいと思えませんからね。

もし、どうしても文字を書くのが苦手なのであれば、パソコンを使用するのも手です。

それでは、あなたのプロフィールを作成していきましょう。

 

趣味・特技

プロフィールの項目は、「氏名」「生年月日」「連絡先」などになります。

連絡先は携帯番号とメールアドレスを記載します。

声優オーディションの合否連絡をメールで行うこともありますので、必ず記入しましょう。

次に記入するのは、自己PRの項目です。

「趣味」「特技」「志望動機」「自己アピール」などがあると思います。

「趣味」はあなたの好きなものを記入して構いません。

しかし、「特技」に記入するものには注意してください。

なぜなら、そこに書かれた特技を実技審査や面接審査で披露することがあるからです。

特技は、審査員の前で披露することができるものを記入しましょう。

もし、特技に歌唱と記入する場合は、審査員の前でアカペラで歌える曲を用意してください。

 

志望動機・自己アピール

「志望動機」とは、あなたがなぜこの声優オーディションに応募したのかを記入します。

基本的には、正直に記入して構いません。

・何がきっかけで声優を目指しているのか
・なぜこのオーディションに応募したのか
・将来どんな声優になりたいのか

などを記入していくと良いと思います。

「自己アピール」は、あなたの魅力をアピールしていきましょう。

ただ、やる気がありますとは記入しないようにしてください。

やる気があるのは当たり前の話ですからね。

それよりも、あなたが今までの人生の中で成し遂げたものがあれば、それを記入するのが良いと思います。

あなたが今までどんな経験をしてきたのか。

どれだけ魅力的なのか。

審査員にしっかりアピールしてくださいね。

芸能関係のお仕事をしたことがある人も忘れずに記入しましょう。

 

自分を大きく見せることは止めよう

履歴書を作成するときは、丁寧に、そして正直に書きましょう。

あなたの短所を記入する必要はありません。

ですが、自分を大きく見せることは止めてください。

例え自分を大きく見せて、書類審査に合格したとしても、必ずどこかでボロが出ます。

そうなると合格は難しいでしょう。

大きく見せたあなたではなく、等身大のあなたを審査員に見せてあげてください。

 

【声優になりたい人への無料講座】
NO.1 声優になりたいあなたが知らなければならないこと
NO.2 あなたが声優になるには何をしたらよいのだろうか
NO.3 声優学校に入る前にしておきたいおすすめトレーニング
NO.4 要注意!?知っておきたい声優学校の分類について
NO.5 声優学校の資料請求を必ずしなければならない理由
NO.6 声優学校の訪問で確認すべきポイントと注意点について
NO.7 声優になるための最初の試練!?声優学校の入学試験を乗り切るためのアドバイス
NO.8 そもそも地方の声優学校より東京の声優学校のほうが有利なのか?
NO.9 中学生、高校生で声優を目指すことのメリット、デメリット
NO.10 新人声優もやっている!?声優志望者にオススメしたいアルバイト
NO.11 そもそも声優オーディションってどんなことをやるのだろう?
NO.12 要注意!?知っておきたい声優オーディションの種類と選択のしかた
・NO.13 知っておきたい!?声優オーディションで使う履歴書の書き方とは?←今ここ
NO.14 声優オーディションで必要な宣材写真の撮り方とは?
NO.15 宣材写真や声優オーディション時に選ぶべき服装
NO.16 名前がポイント!?基本的なボイスサンプルの作り方と注意すべきこと
NO.17 仕事量に差が着く!?声優にとってのコミュニケーション能力の重要性
NO.18 事前準備が合否を分ける!?実技審査までに準備したいこととは?
NO.19 声優オーディションの実技審査で審査員はどこに注目しているのか?
NO.20 思わぬ落とし穴!?声優オーディションの面接で注意すべきこととは?

関連記事一覧