NO.3 声優学校に入る前にしておきたいおすすめトレーニング

声優のおすすめトレーニング

声優学校に入る前に、やっておいたほうがいいトレーニングはありますか?

声優初心者からこのような質問をされることは本当に多いです。

声優学校に入る前に準備をしておき、ライバルに差をつけておきたい。

その意気込みはとても素晴らしいことです。

しかし、もし間違った情報を聞いてしまい、それを元にトレーニングを繰り返してしまうとどうなってしまうでしょうか。

うまくなるために行っていたトレーニングが、声優になるうえで邪魔な癖になってしまうかもしれません。

一度癖になってしまったものを取り除くのは、とても時間がかかります。

これでは、かえってライバルに後れを取ってしまいますよね。

ではどのようなトレーニングならしても良いのでしょうか?

 

なまり、アクセントを共通語に修正

地方出身の人にとって最初の壁になるのが、標準語の習得です。

これは声優学校に入っていたとしても、自分の努力によって習得していかなければなりません。

関東圏に住んでいる人は、周りに指摘してもらうことができるので、上達が早い傾向があります。

しかし、地方に住んでいると、どうしても習得は難しくなるようです。

ですが、共通語の習得は声優にとって必須となります。

日常から意識して共通語を使うようにするなどして、身に着けていきましょう。

いったん共通語を身につけてしまえば、共通語と方言を使い分けられるようになります。

これは、声優としてかなりのアドバンテージです。

大阪弁を話すキャラクターは大阪弁を話せる声優が当然有利になりますよね。

アニメの舞台が地方のため、方言を指導する目的で呼ばれた声優が、ディレクターに気に入られ、のちの作品で主役を勝ち取った例もあります。

このように、何がきっかけでブレイクするかはわかりません。

あなたの武器を身に着ける気持ちで、標準語の習得をしていきましょう。

アクセントに関しては、すべての人が修正をしていかなければなりません。

なぜなら例え地方出身の人でなくても、言葉のアクセントが間違っていることが多いのです。

NHKのアナウンサーは正確なアクセントで話すように訓練を受けていますので、聞いてみてください。

もし自分と違うアクセントで発音をしているときは、アクセント辞典などを使って確認をしましょう。

 

本を読む、新聞の音読

本をたくさん読んで、読解力、想像力を高めましょう。

声優は台本から様々な情報を読み取り、演技に生かしていきます。

この場面はどんなシーンなのかをイメージし、読解力、想像力を磨いてきましょう。

また、どんな本でも構いませんので、あなたが読んだ本を、その内容を知らない人にわかりやすく説明してみてください。

このトレーニングをすることにより、読解力を向上させることができます。

また、プロの声優も実践しているのが新聞の音読です。

声優は収録当日に台本を受け取ることも少なくありません。

その際、スラスラ読めなければ仕事になりませんよね。

新聞の音読をすることで、難しい文章に慣れ、台本をすばやく読み解き、理解する力を身につけることができます。

初めて見る文章に強ければがテレビの生ナレーションなど、仕事の幅が広がっていきますよね。

大手声優事務所では所属オーディションに、『初見力』を試すところもありますので、鍛えておくと良いでしょう。

 

運動、肉体訓練

声優は舞台などと違い、肉体訓練などをしないと思われていますが、それは間違いです。

声優の現場は、長丁場になることも珍しくありません。

その間、プロの声優は、常に声をしっかり出せる状態をキープする必要があります。

マイクにしっかり声を乗せる音圧のある発声をキープするには、土台となる筋力が重要になってきます。

日頃から運動をするなどして、体を鍛えておきましょう。

特に腹筋はしっかり鍛えなければなりませんが、勘違いはしてはいけません。

ボディビルダーのように鍛えすぎてしまうと、かえって筋肉が腹式呼吸の邪魔をしてしまいます。

腹筋は、息を止めずに、腹斜筋と呼ばれる箇所を鍛えていきましょう。

 

親に認めてもらうこと

これはトレーニングではありませんがとても重要なことです。

声優はなるのがとても難しい職業です。

そのため、多くの声優志望者は親御さんから反対をされます。

声優を目指す人の中には、家族の反対を押し切って声優を目指す人も多くいます。

しかし、家族のバックアップは声優を目指すうえで、非常に力になります。

親御さんが心配する気持ちもわかりますので、理解してもらうことはなかなか難しいかもしれません。

ですが自分がどれだけ声優になりたいのかをしっかり伝え、できるだけ家族の理解を得るように努力してみましょう。

 

あなたが魅力的になることが大事

最後に声優を目指すうえで、絶対に意識していてほしいことがあります。

あなたは、なぜ声優になりたいのですか?

アニメの世界が好きだったという人もいるでしょう。

外画を見ていて、声優をやりたくなった人もいるかもしれません。

しかし、多くの声優初心者は、プロの声優さんが魅力的に見えたから、声優を目指したのではないでしょうか。

その魅力的な人たちと同じ所に立ちたいと思うのであれば。

あなたも魅力的にならなければいけませんよね。

声優の技術だけを求めるのではなく、あなたが魅力的になるように意識してください。

声優はうまいだけで売れる職業ではありません。

声優業界も紛れもない『芸能界』なのですから。

 

【声優になりたい人への無料講座】

NO.1 声優になりたいあなたが知らなければならないこと
NO.2 あなたが声優になるには何をしたらよいのだろうか
・NO.3 声優学校に入る前にしておきたいおすすめトレーニング←今ここ
NO.4 要注意!?知っておきたい声優学校の分類について
NO.5 声優学校の資料請求を必ずしなければならない理由
NO.6 声優学校の訪問で確認すべきポイントと注意点について
NO.7 声優になるための最初の試練!?声優学校の入学試験を乗り切るためのアドバイス
NO.8 そもそも地方の声優学校より東京の声優学校のほうが有利なのか?
NO.9 中学生、高校生で声優を目指すことのメリット、デメリット
NO.10 新人声優もやっている!?声優志望者にオススメしたいアルバイト
NO.11 そもそも声優オーディションってどんなことをやるのだろう?
NO.12 要注意!?知っておきたい声優オーディションの種類と選択のしかた
NO.13 知っておきたい!?声優オーディションで使う履歴書の書き方とは?
NO.14 声優オーディションで必要な宣材写真の撮り方とは?
NO.15 宣材写真や声優オーディション時に選ぶべき服装
NO.16 名前がポイント!?基本的なボイスサンプルの作り方と注意すべきこと
NO.17 仕事量に差が着く!?声優にとってのコミュニケーション能力の重要性
NO.18 事前準備が合否を分ける!?実技審査までに準備したいこととは?
NO.19 声優オーディションの実技審査で審査員はどこに注目しているのか?
NO.20 思わぬ落とし穴!?声優オーディションの面接で注意すべきこととは?

関連記事一覧