容姿や体型に自信がない!?それでも声優になることはできます!

自分は、容姿には自信がありませんが、それでも声優になりたいんです!

声優志望者の自己PRを聞いていると、このように自虐的なことを言う人は多くいます。

私はこれを聞くたびに、

そんなこと言わなきゃいいのに・・・

と思ってしまいます。

もちろん、容姿や体型は一般的にコンプレックスになりやすいところです。

しかし、それが原因で声優になれないかと言えば答えは「NO」です。

 

アイドル声優になるには容姿も重要

そんなことは信じられないと思う人もいるかもしれません。

確かにアイドル声優を目指すのであれば、容姿の良さは重要になってきます。

アイドル声優は、どうしても容姿も含めての商品価値になってしまいますからね。

アイドルの衣装を着こなすには、体型の維持も必要になってきますので、日々の努力も欠かせません。

そして、どれだけ努力を重ねたとしてもアイドル声優になれるかはわかりません。

なぜならアイドル声優になりたい声優志望者は大勢いるからです。

ただ、声優という職業のみで考えれば、容姿の良さは必ずしも必要とは言えません。

 

声優は容姿に優れている人ばかりではない

プロの声優は決して容姿に優れている人たちだけではありません。

太ったキャラクターの声優を選ぶ時には、体の大きな声優をキャスティングすることが多くなります。

同じように老人のキャラクターは、年配の方が選ばれることが多いです。

作品に様々なキャラクターがいるように、声優も様々な人たちが使われているのです。

むしろ、声優にとって容姿以上に必要なものがあります。

それは「愛嬌」です。

 

色々な人にかわいがられる声優になろう

実は売れている声優が必ずと言ってもいいほど持っているものが「愛嬌」なのです。

みなさんの周りにも、やたらと上の人にかわいがられる人っていませんか?

声優として売れていくには、どうしても先輩声優や音響監督に目をかけてもらわなければなりません。

そのためには、その人を応援したくなるような愛嬌がどうしても必要になってくるのです。

では、その愛嬌を身に着けるには、どうしたら良いのでしょうか?

 

まずは笑顔で挨拶することから始めよう

まずは、日々の生活から笑顔で挨拶をすることから始めてください。

そんなことなの?と思うかもしれません。

しかし、考えてみてください。

声優オーディションでも、容姿に自信がなく暗い雰囲気を醸し出している人より、笑顔で元気に挨拶する人のほうが審査員の評価を得られやすいのはわかりますよね。

愛嬌を身に着けるには日々の生活をいかにポジティブに過ごせるかが重要になってきます。

自信がなくネガティブな思考をするより、ポジティブで明るく人に接していく。

これこそが、かわいがられる声優になるためのポイントになります。

 

努力によって容姿や体型は変えることができる

それでもアイドル声優を目指したいという人もいると思います。

実はアイドル声優をしている人たちも、最初から容姿に優れていた人ばかりではありません。

メイク技術を磨いたり、ダイエットをしたり、血のにじむような努力をしてアイドル声優になっている人はたくさんいるのです。

もし、どうしてもアイドル声優になりたいのであれば、そのような努力を惜しんではいけません。

覚悟を持って日々の生活を過ごしてくださいね。

関連記事一覧