本気で声優になるには!?早口言葉を練習している声優志望者が陥る罠

声優志望者が陥る罠

あの竹垣に竹立てかけたのは、竹立てかけたかったから、竹立てかけたのだ。

瓜売りが、瓜売りに来て売り残し、売り売り帰る、瓜売りの声。

声優学校に通っている人であれば、一度は目にしたことがある文章ではないでしょうか。

声優を目指している人が、最初に取り組むことは、発声、滑舌の改善です。

ほとんどの声優志望者は、このような早口言葉の文章を使用し、滑舌の改善を図っていきます。

本気で声優を目指している声優志望者は、暗記してしまうほど練習を重ねているでしょう。

ですが、そんな真面目な声優志望者が、早口言葉の罠に囚われてしまっています。

 

真面目な声優志望者が囚われる罠

誤解しないでいただきたいのは、早口言葉の文章を訓練することが悪いわけではないということです。

むしろこの訓練は、滑舌を改善するために非常に有効な手段であり、是非取り組んでいただきたいものです。

しかし、目的を間違えてはいけません。

 

早口言葉はゆっくり読もう!!

声優志望者が早口言葉の文章を訓練する最大の目的は、滑舌の改善です。

言いにくい文章を早く読むことではありません。

しかし、熱心な声優志望者であればあるほど、早口言葉を早く読もうとしてしまいます。

確かに文章を何度も読んでいると、早く読むことができるようになります。

いわゆる読み慣れですね。

読み慣れた文章は、自然と読むスピードが上がってしまいます。

しかし、滑舌練習として考えるとそれは良いことではありません。

滑舌がきちんと出来ていない声優志望者が早読みをしてしまうと、どうしても言葉が潰れてしまいます。

そうなると、滑舌練習の効果がなくなってしまうのです。

 

早口言葉は、丁寧に読むことが大原則

滑舌練習をするときは、必ず丁寧に読むことを心がけてください。

文章の早読みをしていると、悪い癖を身に着けることになってしまいます。

プロの声優さんが、ものすごいスピードで文章を読んでいたりすると、まねをしたくなってしまう気持ちもわかります。

しかし、それは確固たる滑舌技術を持っているからこそ、明瞭な早読みができるのです。

滑舌練習は、ゆっくり丁寧に読む。

これは、大原則として覚えておいてください。

 

滑舌練習の時も、聞かせる対象を作ろう

どうしても文章を早く読んでしまう人は、聞かせる対象をしっかり作りましょう。

対象は、家族、友達、お客さんでも構いません。

誰かにこの文章を聞いてもらおう、理解してもらおうと思って訓練をすると、必然的に丁寧に、わかりやすく読むことになります。

早読みでは、相手に理解してはもらえません。

声優の訓練をするときは、ただ言葉を発するのではなく、相手に聞かせることを意識してみてください。

 

関連記事一覧