声優志望者必見!?プロの声優になるために必要なメール対応について

メール対応のセオリー

あなたは声優オーディションの詳細について質問したいことがあった時、どうしていますか?

もしかしたら、何もせずに声優オーディションを受けているのではないでしょうか。

声優オーディションを受けるときは、疑問を解決してから受けるのが望ましいです。

なぜなら、その疑問点が認識の違いとなり、思わぬトラブルを引き起こすかもしれないからです。

声優オーディションのホームページを見てみると、主催会社への問い合わせができるようになっていると思います。

 

ビジネスマナーを守って質問をしてみよう

主催会社に直接質問するのは怖いのであまりしたくはありません。

主催会社は企業です。

そこと直接やり取りをするのは、なかなか気が重いかもしれません。

特にあなたがその声優オーディションに参加をするのであれば、やり取りの中で悪い印象を持たれたくありませんよね。

ですが、最低限のビジネスマナーさえ知ってしまえば、悪い印象を持たれる可能性は少なくなります。

ビジネスマナーは、直接クライアントとやり取りをするプロの声優にとっても必要不可欠です。

特にメール対応は声優事務所への連絡などにも使うことになりますので、覚えておいて損はありません。

ではメール対応にはどのようなビジネスマナーがあるのでしょうか。

 

件名はきちんと記載すること

意外かもしれませんが、件名に何も記載せずにメールを送る声優志望者はたくさんいます。

プライベートで気心知れた相手にはそれで良いのかもしれませんが、企業や社会人相手には絶対にやってはいけません。

件名はきちんと記載をしましょう。

また、企業は1日に何十通ものメールを受信しています。

件名も用件がきちんとわかるように記載するのが望ましいです。

 

【悪い例】
声優オーディションについて

【良い例】
合格者特典の詳細についてのご質問

 

このように記載すれば、件名だけで何の用件なのかがわかりますね。

このように、相手に情報をわかりやすく簡潔に伝えると好印象を与えられるでしょう。

 

文章の最初に宛名をつける

メールの文頭には相手の企業名、氏名などを必ず記載しましょう。

もし相手の企業名や名前がわからない場合は、【○○オーディション ご担当者様】との記載でもかまいません。

このメールが誰に宛てたものなのかをしっかり記載することが重要です。

また、あなたの名前を記載することを忘れてはいけません。

どこの誰が質問をしているのかわからなければ、いたずらと思われてしまいますからね。

 

返信は早めにすることを意識しよう

主催会社からメールの返信が来た場合は、速やかに返信をしましょう。

また、もしあなたの疑問が晴れたとしても、必ずお礼のメールを返信してください。

相手はあなたの疑問が解消したかはわかりません。

あなたの疑問が晴れたことをしっかり相手に伝えましょう。

一般的にメールの返信は一日以内に返すことが良いとされますが、なるべく早く返すことを意識してください。

 

メールを送る前には必ず文章をチェックしよう

メールを送る前には、必ず文章をチェックしましょう。

文章をチェックすることで、誤字脱字を防ぐことができます。

また、相手に対して失礼な文章になっていないかもチェックすることで、間違った印象を与えることを防ぐことができます。

特にSNSを使用している人は、気軽にメールを送信してしまいがちですが、送信の前に一度立ち止まってチェックしてみてください。

 

プロの声優も個人事業主という社会人

プロの声優であっても社会人であることには変わりありません。

そのため、ビジネスマナーは必ず必要となるのです。

声優事務所に入所することができれば、先方の会社とのやり取りを肩代わりしてくれますが、それもすべてではありません。

あなたが企業と直接コンタクトを取らなければならないときは必ず訪れます。

本気で声優になりたいのであれば、しっかり準備をしておきましょう。

関連記事一覧