声優学校のご紹介 アミューズメントメディア総合学院

アミュ

アミューズメントメディア総合学院についてのまとめ

プロダクション直接所属率67.7%の高さが強みのアミューズメントメディア総合学院、通称AMGについてまとめました。

在校生などの口コミを取り入れたメリット、デメリットも記載していますので、声優学校選択の参考にしてください。

【東京校の資料請求はこちらから↓】
アミューズメントメディア総合学院

【大阪校の資料請求はこちらから↓】
大阪アミューズメントメディア総合学院

所属先プロダクション

卒業生が在籍する主なプロダクション
・アーツビジョン
・青二プロダクション
・アクロスエンタテインメント
・アミュレート
・WITHLINE
・プロダクション・エース
・AIR AGENCY
・81プロデュース
・大沢事務所
・尾木プロダクションTHE NEXT
・賢プロダクション
・ケンユウオフィス
・シグマセブン/シグマセブンe
・俳協
・ビーボ
・プロ・フィット
・マウスプロモーション
・ムーブマン
・ゆーりんプロ
・EARLY WING
・アクセルワン
・アトミックモンキー
・オフィスアネモネ
・アプトプロ
・アル・シェア
・ケッケコーポレーションetc 

 

レッスンスタジオ

レッスンスタジオの所在地
・東京校
・大阪校

 

 

レッスン費用

声優学科(本科)<初年度>
【入学金】
100,000円
【授業費】
880,000円
【施設設備費】
200,000円
【演習実習費】
100,000円

【合計】
約1,280,000円
※上記の他に別途教材費等が必要です。
※記載の料金は年間費、入学金は初年度のみ、税込

 

声優学科(本科)<2年次>
【授業料】
880,000円
【施設設備費】
200,000円
【演習実習費】
100,000円
【合計】
約1,180,000円
※上記の他に別途教材費等が必要です。
※記載の料金は年間費、入学金は初年度のみ、税込

 

声優専科<基礎、研究>
【入学金】
30,000円
【授業料(半年間)】
130,000円
【設備費(半年間)】
200,00円
【合計】
180,000円
※上記は週1回の金額(週3は合計390,000円)
※週1~3までの夜間・日曜開催です。

 

声優専科<マスター>
【入学金】
30,000円
【授業料(年間)】
300,000円
【設備費(年間)】
50,000円
【合計】
380,000円
※週1~3までの夜間・日曜開催です。

 

声優専科<声優アーティスト>
【入学金】
30,000円
【学費(年間)】
270,000~480,000円
【合計】
300,000~510,000円
※週1~3までの夜間・日曜開催です。

※上記の金額はあくまで参考です。
より詳しく知りたい方は、資料請求を行いましょう。

【東京校の資料請求はこちらから↓】
アミューズメントメディア総合学院

【大阪校の資料請求はこちらから↓】
大阪アミューズメントメディア総合学院

 

レッスン概要

声優学科(本科)
<1年次>
実践的なカリキュラムとプロデビューで、未経験から「プロダクション所属」を叶えます!
入学者は9割以上が演技未経験。
プロ講師陣から基礎をしっかり学べます。
【カリキュラム】
発声基礎、表現基礎、美語話法、朗読、演技基礎、ダンス、基礎演習、アフレコ、ヴォイストレーニング、ビジネスマナー講座
<2年次>
演技だけでなくラジオ・ナレーション・歌といった現場に対応できる様々なスキルを身につけます。
現役の音響監督によるアフレコレッスン「ディレクター特別講義」など、より「プロの現場」を意識した高度な表現技法を習得します。
その他、「オーディションガイダンス」など、プロダクションオーディションでの直接所属を目指します。
【カリキュラム】
演技実習Ⅰ・Ⅱ、表現実習、総合実習、アフレコ実習、伝達実習(ナレーション)、演技実習Ⅲ、基礎特訓、ヴォーカルレッスン、ディレクター 特別講義、オーディションガイダンス

 

声優専科
【基礎コース】
発声・演技を基礎から学べる初心者でも安心のコース。
声優としての基礎を徹底的に指導します。
【研究コース】
自分自身の目標に合わせたより実践的なレッスン!
研究コースでは演技実習・アフレコ実習・ナレーション実習など、声優としての技術を学びます。
【マスターコース】
プロダクションオーディションに向けた総合カリキュラム。
ディレクター特別講義など現場に対応したカリキュラムや、プロダクション所属学内オーディションに向けた、高度なレベルのレッスン。

※より詳しいカリキュラムの内容を知りたい方は、資料請求を行いましょう。

【東京校の資料請求はこちらから↓】
アミューズメントメディア総合学院

【大阪校の資料請求はこちらから↓】
大阪アミューズメントメディア総合学院

講師陣

主な講師
・西原久美子
・松井 菜桜子
・鈴木清信
・津久井教生
・滝沢久美子etc

 

主な卒業生

卒業生
・小林裕介
・柿原徹也
・羽田野渉
・加藤英美里
・三宅健太etc

 

アミューズメントメディア総合学院のメリット、デメリット

AMGのメリット
・プロダクション直接所属率が高い
・75社が来校するプロダクション所属学内オーディションが凄い
・AMGインターシップでプロの現場を体験できる
・年間イベントが充実
・開放教室により自由に教室が使える

 

AMGのデメリット
・本科は全日制のため学費が高額
・オーディションの結果次第では養成所合格になる
・在校生の意識に差がある

 

まる太の解説

声優志望者に人気の一般声優学校と言えば、アミューズメントメディア総合学院の名前は外せないでしょう。

実際、プロの声優さんの中にもアミューズメントメディア総合学院出身の方は多くいらっしゃいます。

この声優学校の最大の魅力は声優事務所への直接所属率の高さ。

なんと毎年、7割近い生徒が声優事務所の正所属、準所属、預かり所属になっているのです。

この結果を生み出しているのが、未経験から2年でプロの声優を目指す全日制のカリキュラムです。

普通の養成所ではやらない基礎の部分からしっかりと教えるので、声優の土台を作ることができます。

また学内のプロダクション所属オーディションには毎年75社が訪れています。

その中であなたが入所したい声優学校を選択肢し、声優オーディションを受けることができるのも魅力のひとつでしょう。

このようにメリットが存在する一方、デメリットもあります。

やはりアミューズメントメディア総合学院に入学するうえでの懸念材料になるのは、高額な学費だと思います。

声優初心者を2年でプロの声優に仕上げるのですから、授業日数が増えてしまうのは致し方ないことかもしれません。

ただ、5年も6年も色々な声優学校に通うのであれば、2年間で声優になったほうが安く済む可能性はあります。

また、夜間・日曜クラスの声優専科なら比較的少ない費用で声優を目指すこともできます。

いずれにしても、声優初心者が短い養成期間で声優になれる声優学校を探しているのであれば、ベストに近い選択と言えるでしょう。

関連記事一覧