絶対に知っておきたい!?声優になれなかった人達の特徴とは?

私、将来は絶対に声優になりたいんです!!

声優オーディションの自己アピールで、声優志望者からよく聞く言葉です。

この発言をすることは決して悪いことではありません。

本当に絶対に声優になりたいと思っているのであれば、声優になるための努力を惜しむことはないでしょう。

その宣言を審査員にするということは、あなたの覚悟を示すことになりますからね。

しかし、声優志望者からよく聞く言葉であるにも関わらず、声優になれるのはやはり一握りとなっています。

それだけの覚悟を示しているのに一体なぜ声優になれないのでしょうか。

 

声優になれなかった人たちの特徴

絶対に声優になりたいと宣言してる人が声優になれなかった理由。

それは本当の意味では声優になりたいとは思っていなかったということです。

もちろん、声優をあきらめた人の中には、家庭の事情などの理由もあります。

しかし、多くの夢破れた声優志望者は、本人の努力不足が原因で声優になれていないのです。

また、声優になれなかった人の特徴として以下のことがあげられます。

 

積極的に行動をしない

声優学校に通っている声優志望者に多くみられるのが、声優学校に通っているだけで声優になれると思っている人がいることです。

声優は完全な実力社会です。

声優学校の生徒がすべて声優になれることはまずありません。

プロの声優に自分の声優学校の同期で声優をやっている人を聞くと、一人いるかどうかだと話していました。

声優になるのはそれだけ難しいことなのです。

それなのに、声優学校に通っているだけで声優になれると思っている声優志望者は、声優になることができるのでしょうか?

残念ながら声優になるのは難しいと言わざるえません。

声優学校に入ったら、授業以外の時間にも日々の訓練を必ずしなければなりません。

 

自己管理の甘さ

もしあなたがアイドル声優になりたいと思っているのであれば、体型やメイクなども気を付けていかなければなりません。

アイドル声優を目指す声優志望者が大勢いる今、自己管理が出来ていない人がなれるほど、甘くはありません。

また、声優オーディション当日に風邪を引いてしまうことも、自己管理が出来ていないと言わざるえません。

日々の体調管理はしっかり意識して生活をすることが必要になります。

 

責任転嫁をしてしまう

これが、声優になれない声優志望者に一番多い印象です。

声優学校に通っている声優志望者の中でこのように思っている人はいないでしょうか?

・声優になれないのは、講師の教え方が下手なせいだ。
・声優オーディションで合格できないのは、審査員の目が曇っているからだ。
・周りが足を引っ張るから、いい演技ができないんだ。

他にもいろいろあると思いますが、責任転嫁をしてしまうと、その人の成長は止まってしまいます。

声優になった人は、そのようないいわけをせず、自分に何が足りないのか、弱い自分と向き合って、必死に努力を積み重ねてきたから、声優という職業につけたのです。

前にも言いましたが、声優になるには、あらゆる甘さを乗り越える覚悟が必要になるのです。

 

当たり前のように努力を続けられる人が声優になれる

声優になるには、日常生活から努力をし続けることが必要になります。

例えモチベーションが下がったり、忙しかったりしても、やるべきことはしっかりやる。

この意識が重要となるのです。

もし、この記事を読んで、自分に当てはまると思ったあなたは、今日から声優になる覚悟をもって生活していきましょう。

きっとまだ間に合いますよ。

関連記事一覧